« 高額医療費 | トップページ | 胃カメラ初体験記 »

2005年5月22日 (日)

ヨード造影剤を使ったCT検査

入院中の話ですが、肝生検を始め、不気味な検査や、つらい検査がありましたが、今回は、ヨード造影剤を使ったCTについてご紹介します。実施したのは4月の下旬ですが、当時の日記から抜粋します。

CT検査初体験。
CT自体はなんでもないが、ヨード造影剤が不気味。
CTの機械の横に、でかい注射器がのったアームがある。どうもこの機械で注入するらしい。見た感じは注射器は直径4~5cm、長さ30cmくらいありそう。勢いよく薬を入れなきゃいけないので、機械で押し出すんだとか。ヒョエ~!不気味やなぁ・・・・。液自体は透明だが、暖めてあるのと、薬の性質上、体がカーッと熱くなるとのこと。

スタッフが、注射の針を刺す。ふつうの点滴よりも太い針でちょっと痛い。最初右の方が血管が太いということで右にする。でも、血管がS字状に曲がっているので針が深く刺さらないので、漏れるかもしれないと言われた。漏れると激しく痛むそうなので、イヤだから、左腕に刺し直してもらう。今度は深く入った。

寝た状態でバンザイをして、まず造影剤無しで撮影。機械が動き3回ほど息を止めるよう機械のアナウンス。そのあと、造影剤注入。なんか不気味で怖くなってくる。「胃カメラのほうがましじゃないだろうか。」とか、「事故があるときもあるらしいし、同意書も書くくらいだから・・・」とか、どんどん弱気になってしまう。

でも、有無を言わさず検査は進行!

「造影剤入れまーす。」とアナウンス。

まず顔の辺りが熱くなり、そのあと胸のあたり、お尻がきゅっと熱くなった。おもわず、お尻の穴を閉じる。心臓がかなり激しくドキドキしている。薬の副作用か、精神的なものかわからない。漏れもなく、痛くはない。やはり、機械が3回ぐらい動く。そして終了。

特に気持ち悪くもなく、無事に終わったようだ。
歩いて病室に帰る。部屋に帰って、やれやれと水を飲んでいたら、看護師さんが来て、明日胃カメラです、とのこと。はぁ~、うんざり。やっとひとつ気が重いのが終わったのに、立て続けかよ~。まあ、仕方ないか。

というような感じです。私の場合は、心臓がどきどきしただけで、気持ち悪くはなりませんでしたが、入院中同室の人がやったときは、気持ち悪くなって大変だったみたいですし、人によっては、造影剤が漏れまくって、うまく検査できないときもあるようです。あまり気持ちの良い検査ではないですね。

|

« 高額医療費 | トップページ | 胃カメラ初体験記 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。