« 2007年9月 | トップページ | 2012年6月 »

2007年11月 3日 (土)

初めてのMRI

ペグ終了後から1年半以上たっていますが、腎臓に腫瘍があるのではないかという疑いで、この春から検査を繰り返しています。エコー、CT、エコーときて、念のためMRIだそうです。

11月1日にメイン病院で受けてきました。

CTは2回やったことがあるのですが、MRIは初めてです。なんでも心配性の私は色々とネットで調べました。MRIとは・・・・ものすごい強力な磁場を浴びせて、そこへ電波を当てて、人体細胞の水素原子が傾いてどうのこうの・・・。

なんだか、MRIをすると、違う生物になって出てきそうな感じがして(笑)、たいしたことはないと思いながらもちょっとドキドキでした。造影剤も余り気持ちの良い感じはしないし。

で、実際に受けてみると・・・機械は予想したよりも大きくない。でも、シュンシュン不気味な音が出ている。CTよりは長い機械で、トンネル部分は頭と足の先以外はすっぽり入りそうな感じ。

まずは寝台に、頭を機械のほうに向けて横になります。今回は腎臓なので、お腹になにやら板のような物を置きます。右腕に造影剤用の針を刺して、体が動かないようにマジックテープで拘束。最後にヘッドホンをつけてスタートです。

ヘッドホンからは静かな音楽が聞こえて来るんだけども、機械が動き出したらそんな物何も聞こえやしない。「ガガガガガガ」とか、「ブイーン、ブイーン」とかいろんな種類の大きな音が出ます。狭くて長いトンネルに頭が入ったままなので、ちょっと閉塞感があります。

でも、いちばん辛かったのは・・・息を止めることです!

もう、「はい息を吸って~、止めて。」この1回が結構長い!15秒くらいあったんじゃなかろうか。「はい、楽にして~。」と言った後、数秒でまた「息を吸って~止めて。」で、これを10回以上やったと思います。もう、ゼイゼイ、ハアハアでした(笑)。

心配した造影剤は、CTとは大違いで、何ともありませんでした。

最初は造影剤を入れずにやって、その後、造影剤を入れてやりました。CTと違って、機械でなく人力で入れてたようです。なんとなく冷たいものが腕に入っていくのがわかりましたが、体がかぁーっとするわけでもなく大丈夫でした。

心配した細胞の変形などもなく(冗談です)、撮影時に気持ちお腹が暖かくなったかなぁ、というくらいでした。これも、気のせいかも知れません。

検査は、全部で30分くらいで終わりました。結果は8日に出ます。大丈夫だとは思いますが、ちょっと不安・・・。

| | コメント (5)

« 2007年9月 | トップページ | 2012年6月 »